tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NFSSTAT

名称

nfsstat NFS に関する統計を表示する

内容

書式


nfsstat [-csW] [-M core] [-N system] [-w wait]

解説

nfsstat コマンドは、 NFS クライアントと NFS サーバの実行状況に関して、持っている 統計を表示します。

オプションは次の通りです:
-c
  クライアント側の情報のみを表示します。
-M core
  名前のリストから値を取り出す際に、デフォルトの /dev/kmem のかわりに core を使います。
-N system
  名前のリストを取り出す際に、デフォルトの /boot/kernel/kernel のかわりに system を使います。
-s
  サーバ側の情報のみを表示します。
-W
  定期的な短いサマリに、幅広書式を使用します。 -c または -s と、遅延時間を組み合わせて指定したとき、本オプションは特に有用です。
-w wait
  NFS のクライアントとサーバに関する実行状況の簡単なサマリを、 wait 秒ごとに表示します。

関連ファイル

/boot/kernel/kernel
  デフォルトのカーネルの名前リスト
/dev/kmem デフォルトのメモリファイル

関連項目

fstat(1), netstat(1), ps(1), systat(1), sysctl(3), iostat(8), pstat(8), vmstat(8)

歴史

nfsstat コマンドは BSD 4.4 から登場しました。

NFSSTAT (1) June 6, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.