tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SETLOCALE

名称

setlocale, localeconv – C 用の自然言語の整形

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <locale.h>

char *
setlocale(int category, const char *locale);

struct lconv *
localeconv(void);

解説

setlocale() 関数は、特定のルーチンの集合について、C ライブラリでいうところの 自然言語整形のスタイルを設定します。 それぞれのスタイルを 'ロケール' と呼び、C 文字列として渡される適切な名前によって呼び出します。 localeconv() ルーチンは、現在のロケールの数値整形用パラメータを返します。

setlocale() 関数は、いくつかのルーチンのカテゴリを識別します。 以下は、カテゴリとカテゴリが選択したルーチンの組です。

LC_ALL ロケール全体をまとめて設定します。
LC_COLLATE 文字列照合ルーチン用のロケールを設定します。これは strcoll() および strxfrm() でのアルファベット順を制御します。
LC_CTYPE ctype(3), mbrune(3), multibyte(3) および rune(3) の各関数のロケールを設定します。 これは、大文字と小文字、アルファベットと非アルファベット文字 などの識別を制御します。実際の作業は setrunelocale() 関数によって行われます。
LC_MESSAGES
  メッセージカタログのロケールを設定します。 catopen(3) 関数を参照してください。
LC_MONETARY
  通貨値の整形用ロケールを設定します。これは localeconv() 関数に影響を及ぼします。
LC_NUMERIC 数字を整形するためのロケールを設定します。これは、 localeconv() によって返される値を制御するのに加えて、 printf() および scanf() のような関数の浮動小数点入出力の小数点整形方法も制御します。
LC_TIME strftime() 関数を使用して日付と時刻を整形するためのロケールを設定します。

デフォルトでは 3 つのロケールだけが定義されています。空の文字列 " はネイティブの環境を表します。そして C" および POSIX" ロケールは C 言語環境を表します。 locale 引数が NULL の場合には、 setlocale() は現在のロケールを戻します。デフォルトでは、 C プログラムは C" ロケールで開始します。ロケールを設定する唯一のライブラリ内関数は setlocale() です。ロケールは他のルーチンの副作用として変更されることはありません。

localeconv() 関数は、数字、特に通貨値の整形用パラメータを 提供する構造体を指すポインタを返します。

struct lconv {
        char    *decimal_point;
        char    *thousands_sep;
        char    *grouping;
        char    *int_curr_symbol;
        char    *currency_symbol;
        char    *mon_decimal_point;
        char    *mon_thousands_sep;
        char    *mon_grouping;
        char    *positive_sign;
        char    *negative_sign;
        char    int_frac_digits;
        char    frac_digits;
        char    p_cs_precedes;
        char    p_sep_by_space;
        char    n_cs_precedes;
        char    n_sep_by_space;
        char    p_sign_posn;
        char    n_sign_posn;
};

個々のフィールドには次の意味があります。

decimal_point
  通貨値を除く、小数点文字です。
thousands_sep
  通貨値を除く、小数点の前の桁のグループ間の区切り文字です。
grouping
  通貨値を除く、桁のグループの大きさです。 これは、 char 型の、低い位の桁から高い位の桁 (右から左) までのグループの大きさを表す 整数の配列を指すポインタです。 そのリストは、0 または CHAR_MAX で終わります。リストが 0 で終了する場合には、0 の前の最後のグループの 大きさを、全ての桁が埋まるまで繰り返し用います。 CHAR_MAX で終了する場合には、それ以上のグループ化は実行されません。
int_curr_symbol
  標準で定められた国際通貨記号です。
currency_symbol
  ローカルな通貨記号です。
mon_decimal_point
  通貨値に対する小数点文字です。
mon_thousands_sep
  通貨値内の桁のグループについての区切り文字です。
mon_grouping
  grouping に類似していますが、通貨用です。
positive_sign
  非負の通貨値を表記するのに使用される文字で、通常は空の文字列です。
negative_sign
  負の通貨値を表現するのに使用される文字で、 通常はマイナス符号です。
int_frac_digits
  国際スタイルの通貨値における小数点以下の桁数です。
frac_digits
  ローカルスタイルの通貨値における小数点以下の桁数です。
p_cs_precedes
  非負の値に対して通貨値の前に通貨記号が置かれる場合には 1、 そうでない場合には 0 です。
p_sep_by_space
  非負の値に対して通貨記号と通貨値の間に空白が挿入されている場合は 1、 そうでない場合には 0 です。
n_cs_precedes
  負の値に対して p_cs_precedes と同様です。
n_sep_by_space
  負の値に対して p_sep_by_space と同様です。
p_sign_posn
  非負の量および currency_symbol に関する positive_sign の位置です。コードは次の通りです。
0 文字列全体を囲む丸括弧です。
1 文字列の前です。
2 文字列の後です。
3 currency_symbol の直前です。
4 currency_symbol の直後です。
n_sign_posn
  負の通貨値に対して p_sign_posn と同様です。

前述した場合を除いて、フィールドの値としての空の文字列は、 結果の長さがゼロであるか、または現在のロケール内にはない値で あることを示します。 同様に CHAR_MAX の結果は利用できない値を表記します。

戻り値

setlocale() 関数は、指定の categorylocale の組み合わせが意味をなさない場合には、 NULL を返してロケールの変更は失敗します。 localeconv() 関数は、後の setlocale() または localeconv() の呼び出しで変更される可能性のある静的オブジェクトを指すポインタを返します。

ファイル

$PATH_LOCALE/ locale/category
/usr/share/locale/ locale/category
  ロケール locale とカテゴリ category 用のロケールファイル

関連項目

colldef(1), mklocale(1), catopen(3), ctype(3), mbrune(3), multibyte(3), rune(3), strcoll(3), strxfrm(3), euc(4), utf2(4)

規格

setlocale() および localeconv() 関数は、 ISO/IEC 9899:1990 ("ISO C90") に適合しています。

歴史

setlocale() および localeconv() 関数は、 BSD 4.4 ではじめて登場しました。

バグ

現在の実装は、 LC_COLLATE, LC_CTYPE および LC_TIME のカテゴリ以外では、 C" POSIX" ロケールのみサポートしています。

localeconv() における整然としない通貨サポートにも関わらず、規格は、 一般化された通貨フォーマットのための関数を組み入れていません。

われわれがリアルタイムの通貨変換機能を持つまでは、 LC_MONETARY の使用は間違った結果を導く可能性があります。 LC_NUMERIC および LC_TIME は個人的な選択肢であり、他のカテゴリで覆い隠すべきではありません。


SETLOCALE (3) June 9, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The most horrifying thing about Unix is that, no matter how many times you hit yourself over the head with it, you never quite manage to lose consciousness. It just goes on and on.
— Patrick Sobalvarro