tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SHUTDOWN

名称

shutdown – 指定時刻にシステムを停止する

内容

書式


shutdown [-] [ -h | -p | -r | -k ] [ -o [-n] ] time [warning-message ...]

解説

shutdown ユーティリティは、 自動的にシャットダウンするための手順をスーパユーザに提供します。 システムがシャットダウンされるときユーザに知らせるので、 こういったお知せを面倒がって行なわない システム管理者やハッカーやグルといった人々から、ユーザを救います。

以下のオプションを使用可能です:
-h
  time で指定された時間にシステムを停止します。
-p
  time で指定された時間にシステムを停止し、電源をオフします (ハードウェアサポートが必要です)。
-r
  time で指定された時間にシステムを再起動します。
-k
  全ユーザを追い出します。 -k オプションは実際にはシステムを停止しませんが、 マルチユーザシステムのままでスーパユーザ以外のユーザをログインできなくします。
-o
  -h, -p, -r のいずれかひとつが指定された場合、 shutdowninit(8) へシグナルを送る代りに、 halt(8) または reboot(8) を実行します。
-n
  -o オプションが指定されると、 ファイルシステムキャッシュのフラッシュを防ぐために、 -n オプションを halt(8) または reboot(8) に渡します。 本オプションはおそらく使用すべきではありません。
time shutdown がシステムを停止させる時間を指定します。 now を指定すると即時にシステムを停止します。 また、時間を指定する次の 2 つの書式があります: +number もしくは yymmddhhmm の形式です。現在のシステムの年・月・日の値がデフォルトになっています。 1 つめの書式は number 分経過後をあらわし、2 つめの書式は停止する時刻を直接指定します。
warning-message
  その他の引数は現在ログイン中のユーザに送る警告メッセージとして扱われます。
- もし '-' がオプションとして与えられると、警告メッセージを標準入力から読み取ります。

システム停止の 10 時間前から、ログイン中の全てのユーザの端末に 警告メッセージが表示されはじめ、終末が近付くにつれ頻繁になってきます。 システム停止の 5 分前、もしくは 5 分以内にシステム停止する場合には、 ただちに警告メッセージをコピーした /var/run/nologin が作られログインが禁止されます。 ユーザがログインしようとした際にこのファイルが存在する場合には、 login(1) はその内容を表示し終了します。 このファイルは shutdown が終了する際に削除されます。

システム停止時には、システムを停止した時間、実行者、理由が システムログに記録されます。 その後、対応するシグナルが init(8) に送られ、システムを停止、再起動、シングルユーザ状態のいずれかにします (この動作は上記のオプションに依存します)。 システムを停止する時間と警告メッセージは /var/run/nologin に置かれます。これをユーザにシステムを再開する時間や、なぜシステムを 停止するかなどを知らせるために使うべきです。

計画されたシャットダウンは、 shutdown プロセスを殺すことにより打ち消せます ( SIGTERM で十分です)。 shutdown が作成した /var/run/nologin ファイルは、自動的に削除されます。

関連ファイル

/var/run/nologin
  login に誰にもログインさせないことを知らせます。

関連項目

kill(1), login(1), wall(1), nologin(5), halt(8), init(8), reboot(8)

以前との互換性

以前との互換性のため、2 つめの書式で時と分をコロン (``:'') で区切ることができます。

歴史

shutdown ユーティリティは BSD 4.0 から登場しました。

SHUTDOWN (8) December 11, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

The Unix phenomenon is scary. It doesn't go away.
— Steve Ballmer