tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BUILTIN

名称

builtin, alias, alloc, bg, bind, bindkey, break, breaksw, builtins, case, cd, chdir, command, complete, continue, default, dirs, do, done, echo, echotc, elif, else, end, endif, endsw, esac, eval, exec, exit, export, false, fc, fg, filetest, fi, for, foreach, getopts, glob, goto, hash, hashstat, history, hup, if, jobid, jobs, kill, limit, log, login, logout, ls-F, nice, nohup, notify, onintr, popd, printenv, pushd, pwd, read, readonly, rehash, repeat, sched, set, setenv, settc, setty, setvar, shift, source, stop, suspend, switch, telltc, test, then, time, trap, true, type, ulimit, umask, unalias, uncomplete, unhash, unlimit, unset, unsetenv, until, wait, where, which, while – シェル組み込みコマンド

内容

書式


builtin [-options] [args ...]

解説

シェル組み込みコマンドは、実行中のシェルプロセス内で実行されるコマンドです。 csh(1) 組み込みコマンドの場合、 パイプラインの構成要素として登場する場合には、 最後の構成要素である場合を除き、コマンドはサブシェル内で実行されます。

シェルに対して指定されたコマンドがスラッシュ "/" を含む場合、 指定したコマンドの最後の部分が組み込みコマンドの名前とマッチする場合でも、 シェルは組み込みコマンドを実行しません。 それ故、組み込み echo コマンドをサポートするシェルでは " echo" は組み込みコマンドを実行させますが、 " /bin/echo" や " ./echo" は組み込みコマンドを実行させません。

複数のシェルに存在する組み込みコマンドもありますが、 それらの動作はこれをサポートする各シェルで異なるかもしれません。 下表は、シェル組み込みコマンドと、これらをサポートする標準シェルと、 独立ユーティリティとして存在するか否かを列挙しています

ここには csh(1)sh(1) の組み込みコマンドだけを列挙しています。 外部 で "No**" とマークされたコマンドは外部的に存在していますが、 組み込みコマンドを使った同名のスクリプトとして 実装されています。 組み込みコマンドの操作の詳細についてはシェルの マニュアルページを調べてください。 他のシェルのユーザは、 info(1) ページや他の文書を調べる必要があるでしょう。
コマンド 外部csh(1)sh(1)
alias Yes Yes Yes
alloc No Yes No
bg No** Yes Yes
bind No No Yes
bindkey No Yes No
break No Yes Yes
breaksw No Yes No
builtin No No Yes
builtins No Yes No
case No Yes Yes
cd No** Yes Yes
chdir No Yes Yes
No No Yes
complete No Yes No
continue No Yes Yes
default No Yes No
dirs No Yes No
do No No Yes
done No No Yes
echo Yes Yes Yes
echotc No Yes No
elif No No Yes
else No Yes Yes
end No Yes No
endif No Yes No
endsw No Yes No
esac No No Yes
eval No Yes Yes
exec No Yes Yes
exit No Yes Yes
export No No Yes
false Yes No Yes
fc No** No Yes
fg No** Yes Yes
filetest No Yes No
fi No No Yes
for No No Yes
foreach No Yes No
getopts No** No Yes
glob No Yes No
goto No Yes No
hash No No Yes
hashstat No Yes No
history No Yes No
hup No Yes No
if No Yes Yes
jobid No No Yes
jobs No** Yes Yes
kill Yes Yes No
limit No Yes No
log No Yes No
login Yes Yes No
logout No Yes No
ls-F No Yes No
nice Yes Yes No
nohup Yes Yes No
notify No Yes No
onintr No Yes No
popd No Yes No
printenv Yes Yes No
pushd No Yes No
pwd Yes No Yes
read No** No Yes
readonly No No Yes
rehash No Yes No
repeat No Yes No
sched No Yes No
set No Yes Yes
setenv No Yes No
settc No Yes No
setty No Yes No
setvar No No Yes
shift No Yes Yes
source No Yes No
stop No Yes No
suspend No Yes No
switch No Yes No
telltc No Yes No
test Yes No Yes
then No No Yes
time Yes Yes No
trap No No Yes
true Yes No Yes
type No No Yes
ulimit No No Yes
umask No** Yes Yes
unalias No** Yes Yes
uncomplete No Yes No
unhash No Yes No
unlimit No Yes No
unset No Yes Yes
unsetenv No Yes No
until No No Yes
wait No** Yes Yes
where No Yes No
which Yes Yes No
while No Yes Yes

関連項目

csh(1), echo(1), false(1), info(1), kill(1), login(1), nice(1), nohup(1), printenv(1), pwd(1), sh(1), test(1), time(1), true(1), which(1)

歴史

builtin マニュアルページは FreeBSD 3.4 ではじめて登場しました。

作者

このマニュアルページは Sheldon Hearn <sheldonh@FreeBSD.org> によって書かれました。

BUILTIN (1) February 23, 2005

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

A computer would deserve to be called intelligent if it could deceive a human into believing that it was human.
— Alan Turing